大阪 梅田 心斎橋 完全個室メンズエステ リラクゼーション|アチチSPA 大阪駅・各線梅田駅徒歩5分or心斎橋駅徒歩3分

大阪 梅田 心斎橋 完全個室メンズエステ リラクゼーション | アチチSPA 大阪駅・各線梅田駅徒歩5分or心斎橋駅徒歩3分

大阪 梅田 心斎橋 完全個室メンズエステ リラクゼーション
梅田ROOM 心斎橋ROOM
アチチSPAにWEB予約

セラピストブログ

蓮見

あらしのよるに

蓮見

2019年10月04日

コト、コト、コトゴト、ゴト、ゴトゴトゴト





沸騰したやかんの音を聞くと、


嵐の日、窓をしっかりと閉めたのに、風の強さに負けて窓が外れてしまうんじゃないかと不安な気持ちなる


そんな場面をイメージしてしまい、何か嫌なことが起こるのでは、と少し不安になります。






ところで皆さんは、「あらしのよるに」を見たこと、読んだことはありますか?

もちろん、知っている方がほとんどだと思います。


読みすすめていくと、主人公のガブとメイが動物だとは思えなくなります。


立場だったり、性別の違いなんて関係ない
「禁じられているもの」「超えられないもの」を乗り越えることの可能性を示している、すごくいい作品ですよね。


弱肉強食の世界で生きていくって大変


最近知った、少し残酷なハサミムシの生涯についての話なんですが、昆虫の中でもハサミムシの卵がかえるまでの期間は長く、40日以上もあるそうなのです。長い場合は80日かかった観察もあるそうです。


肉食で小さな昆虫を餌とするハサミムシ、でも、ふかしたばかりの子は自分たちで獲物を獲ることができません。


卵を守り続けたハサミムシの母親は、そんな我が子のために自らを差し出すんだそう。


あばれも逃げもせず、母親として最後の役目と言わんばかりに、自らが餌となり、その母親を食べる子どもたち。


そんな子どもたちを見守るんだそう。


なんか…、生き物たちの世界って本当に食うか食われるかの運命なんですね…


少し悲しいお話になってしまいましたが、「あらしのよるに」を何度見ても、感じることは同じで


「大切なのは、第一印象で判断せず、相手の本質を見るということ」


今、この歳になったからこそ分かる、そんなメッセージを見つけたくて、絵本が置いてある書店へ行くと、真っ先に絵本コーナーに行きます❀






あ、そういえば数ヶ月前に、絵本書いてみようかなぁ、と思い時間をかけてやっと一冊作り終えメルカリに出したんです。


待つこと2ヶ月・・・


ご購入ありがとうございます( ꈍᴗꈍ)

待ちに待った発送日。
やっと鳥取へと旅立ちました(笑)

めちゃくちゃ嬉しい!

恥ずかしくて、いくらだったかはお伝えできない…




でも「ふぅ〜。」という何とも言えないあの感覚。

ものすごく下手くそだけど、頭の中の一部を書き起こして、伝えることができた

そんな感じです。


今度は、ちゃんとオリジナル絵本の会社に頼んで、写真を撮ってスキャンして、ちゃんとしたものを作りたいです



どなたか絵本作りのコツ、ご存知でしょうか?

教えて下さいな。








蓮見
このブログのセラピストページへ